気になっていた脇の黒ずみにさよなら|専用クリームで対策をしよう

女性

美容成分と化粧水の相性

美容液

化粧水に良い美容成分

年齢を重ねるにつれて、肌の乾燥やシミ、たるみなどの肌トラブルが目立ってきます。これは肌の保湿成分が減少していくことが原因です。肌トラブルの進行を抑え、症状を改善させていくためには、意識して化粧品で保湿成分を補っていく必要があります。ひとことで保湿成分と言っても、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミド、プラセンタなどその種類はたくさんあります。これらの中には化粧水にピッタリのものや、美容クリームや乳液に相応しいものなどタイプが違ってきます。保湿成分の効果を高めるためには、成分と化粧品の相性を知っておくことが重要になってきます。化粧水は名前の通り、水を原料をして作られています。そのため、水との相性がいい水溶性の美容成分がよく配合されています。加水分解コラーゲンには肌に潤いを与えることに加え、保護膜を作って皮膚を守るという作用があります。粘性が少なく、水との相性がいいので化粧水や美容液によく配合されている保湿成分です。ヒアルロン酸も肌に潤いを与える美容成分として有名で、たった1gで6リットルの水分を抱え込む働きがあると言われています。そのため、ヒアルロン酸は水に溶けると、とろみが出るという特徴があります。化粧水にヒアルロン酸を高配合すると肌馴染みが悪くなる場合があるので、注意して化粧品を選ぶ必要があります。ヒアルロン酸をたっぷりと補いたい場合は、美容クリームや美容液を利用してみましょう。セラミドには水溶性と脂溶性のタイプがあるため、化粧品にあわせて使い分けることで肌の保湿に効果を発揮します。